RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

MARUSAN DealWatch

本邦企業の国内社債発行個別分析評価コメント、外国企業の国内債(サムライ債)分析評価コメントを定期的に掲載していきます。
<< 国内起債市場を斬る 起債評価:7/19〜7/22 | main |
国内起債市場を斬る 起債評価:7/25〜7/29
0
     

    7月の最終週は、起債ラッシュだったこれまでの7月と打って変わって、節電夏休みの閑散期への過渡期となった。毎日毎日、都心の節電ムードとセシウム汚染に国民全員が注目している中で、8月の起債市場は、前半の公共債と下旬から最終週にかけての社債を除いて、閑散となることが予定されている。特に、昨年は8月の第1週に電力債や幾つかの社債が募集されているが、今年は動いている案件は見られない。損害賠償支援法案が国会を通過しても、原発の再稼働に対する是々非々が議論されている中で、電力事業全体の収益の不確実性は高く、ターゲットディール案件以外は、大規模な引受シ団を組んでの起債は、考えにくい。

     

    7月最終週の起債は、財投機関債とノンバンクの起債が目立っていた。財投機関債では、日本政策金融公庫と鉄道建設・運輸施設整備支援機構が、それぞれ2本立ての起債を行っている。前者は2年債500億円と5年債600億円の計1,100億円で、後者は5年債400億円と10年債100億円の計500億円が募集されている。格付けは、日本政策金融公庫がAAA(R&IJCR)格及びAA(S&P)格、Aa2(ムーディーズ)格と日本ソブリンと同水準であるのに対し、鉄道建設・運輸施設整備支援機構はAA(R&I)格及びAa2(ムーディーズ)格となっている。結局、国からのサポートを強く評価しているムーディーズの格付けはあまり意味がないと見ることができる。しかしながら、国債対比のスプレッドは、どちらの5年債も第282回長期国債+6bpsで揃っており、ムーディーズの格付けにしたがっていると言うことも可能である。

     

    ノンバンクの起債では、三井住友ファイナンス&リース及びオリックス・クレジットといったレア物な起債が見られた。前者はA+(R&I)格及びAA(JCR)格を取得しており、5年債を180億円募集している。マーケティングの過程では200億円の起債観測が上がっており、十分な需要が集まらなかったようである。国債対比のスプレッドは+24bpsであり、前週に条件決定された三菱UFJリースの同対比+16bpsよりもワイドな水準となっている。両社とも格付けは同水準であるが、スプレッドが異なる結果となっている。オリックス・クレジットは、第1回債の募集であった。社名からクレジットカード会社のように見えるが、実態は「オリックスVIPローンカード」を中心とした消費者金融業者である。社名にあることから、オリックスの子会社と考えがちであるが、実態は、オリックスの持分法適用会社でありながら、51%の株式を保有する三井住友銀行の連結対象となっている。三井住友銀行との合弁会社になったのは2009年であるが、その後、三井住友銀行がプロミスとの関係を強化したことと、オリックスの財務体力が回復したこともあって、合弁色は必ずしも強くない。こうしたノンバンクが起債するのも、起債ラッシュのラスト・シーンに見られる典型的な光景かもしれない。

    | - | 10:07 | - | - | - | - |